So-net無料ブログ作成
ロンドン ブログトップ

ロンドン旅行記その4(まだ4ですだ。ひさびさ!) [ロンドン]

最近へんな話題ばかりで、
せっかくの思い出ロンドン旅行記がお休みになっていました。

あまり先延ばしにしていると、
今年の旅行が終わってしまうのではと心配で(笑)

久しぶりに去年のロンドン旅行記です。

前回はその3まで、書きました。(今回画像多く、容量が大きいです。あしからず・・・)

今回はその4です。
その4は現地時間の2012年7月9日。ロンドンに現地時間7月7日の晩についたけど、
三日目の今日は友達との約束はない日で、
ひとり頑張って観光をするぞ!と、張り切って朝早く起きました。

朝はオール朝食付きです。
で、
このホテル、家族経営で。。。なんというかホテルというより
B&Bみたいです。(この話したら、漫才師?と言った先輩がいた。ずっこけ!
違うよ。B&Bはベッド&ブレックファーストの略で、日本でいうところのペンションのようなもの。)

経営者のおじさん(たぶんオーナー)が「今日は午前中どこ行く予定?」と、食事中に聞いてきた。

私は朝からロンドン塔に行く予定だったので、「ロンドン塔(Tower of London)!」
と、答えたのだが、私の発音が悪かったのか聞き返された。
で、2回目にわかったみたいで、
「ここからだとまっすぐこの通りを行ったところのEuston Square(ユーストン・スクエア駅)からサークル線で、
タワーヒル駅で降りたらいいよ。」
と、教えてくれた。(知ってたけどね。)
泊まっていたロンドンのホテルは最寄駅が3つほどあり、場合によって使い分けることができました。
DSC_0218-1.jpg
ホテルの前の道。
画像で見たままを直進すると、ユーストンスクエア駅に。私の足で5分かかりません。

でもロンドンの地下鉄は、一つの駅で待っていても、複数の線が行きかうので違う方面に行く列車も来るので・・・。
乗った電車は結局直通でタワーヒルまで行かず、途中のリバプール・ストリート駅で乗り換えないといけなかった。
それを見極めるのは、来た列車に表示されてるどこそこ行というのを素早く見るか、車内の放送を聞くしかない。
あと列車が来るときにちゃんとホームのアナウンスを聞いておくのも手ですが。

DSC_0222-1.jpg
リバプール・ストリート駅

あ、そうそう、ロンドンの地下鉄の駅とか通りの名称って、
イギリスの国にある地名を付けていることが多いですね。
リバプールとかオックスフォードとか。

タワーヒル駅に降りました。
DSC_0223-1.jpg
なんか屋台があった。アイスクリーム?

DSC_0228-1.jpg
タワーヒル駅から見た全体のロンドン塔。世界遺産です。

DSC_0231-1.jpg

ロンドンパスを事前にネットで買っていたので、ロンドン塔は入場料金を払うことなく、
チケットも買う手間が省けたのですっと列に並びました。が、結構平日なのに並んでました。
DSC_0234-1.jpg


入口付近で、コスチューム着たにいちゃんに「オーディオガイド、無料ですよ。たくさんの言語に対応してるよ。」
と、勧められたけど、オーディオガイドで回ると、めちゃくちゃ時間がかかってしまうから、
ノーサンキュー、って断りました。
DSC_0239-1.jpg

DSC_0256-1.jpg
ロンドン塔見学中にタワーブリッジが。 オリンピック仕様になっています。

DSC_0260-1.jpg
今話題のシャードは、この時まだ建設中でした。

DSC_0282-1.jpg
ガーキンも見えます。そう、キュウリかなすみたいな形の建物。


オーディオガイド断ってよかった。
オーディオガイドなしでも、展示じたいが、解説を読んだほうが面白い、と思うものが多く、
英語オンリーだったので、読むのに時間かかり、そして見るものが多すぎるというのもあり、
気が付けばお昼の1時。
DSC_0299-1.jpg

DSC_0346-1.jpg
ロンドン塔は昔は監獄だったので、暗い部屋や、拷問道具など、展示自体は楽しいものは
あまりなかったように思います。

エリザベス女王のダイヤモンドがホワイトタワーで見れますが。
それくらいでしょうか・・・。あとはくら~い思いになるもので、
何の展示なのか説明を読む必要がありました。
DSC_0371-1.jpg

DSC_0368-1.jpg
ロンドン塔ではカラスを飼っています。野生のカラスではなく、ちゃんとロンドン塔で飼っているカラスです。
でも、出て行かないのかな?
一定数飼って、亡くなったらまた補充するらしいです。
カラスは縁起がいいらしい。国によってカラスへのとらえ方も違うんですね。

お昼ご飯にフィッシュ&チップスを購入。
7ポンドなり。
DSC_0376-1.jpg

(ん~、まったく味がないので塩やケチャップをたくさんかけました。もともとイギリスっておいしくない、のではなく、
味付けは自分で好きな量だけつけてくれよ、って言うコンセプトのもと、作られているとか聞きました。)


全部食べられません。ちょっとだけつまんでお持ち帰り。

このあと、ウエストミンスター寺院に行きたいので、ウエストミンスター方面行の
テムズ川を走るシティサークル(クルーズ)に乗りました。
これもロンドンパスで、乗れるのでチケット購入場所でチケットをもらって乗船。
DSC_0380-1.jpg

チケットを見せて、どこに行きたいか告げたら、何番の船に乗りなさいって指示があります。
DSC_0382-1.jpg
ロンドン橋です。有名ですけど、ふ~んって感じの橋でした。

DSC_0387-1.jpg
ロイヤルファミリー。
DSC_0406-1.jpg
ウエストミンスター界隈に到着。

DSC_0413-1.jpg

DSC_0422-1.jpg
ウエストミンスター寺院正面

DSC_0424-1.jpg
中庭で座り、くつろいだ。
DSC_0425-1.jpg

ウエストミンスター寺院もロンドンパスで対応。
こちらはオーディオガイド借りました。
中は撮影禁止。(正面建物画像と中庭の画像しかありません)

沢山の有名な人がここで眠っています。

この近くにはビッグペンとか(2012年にエリザベスタワーと名前が変わったらしいけど)
ちょっと歩けばロンドンアイ(ヨーロッパで一番高い観覧車)
観光名所が集約されてあります。
DSC_0461-2.jpg
ビッグベンの横に続く建物はウエストミンスター宮殿(英国国会議事堂)です。
ウエストミンスター寺院とはまた別ですが、この地域(ウエストミンスター)に建ってるから同じ名前が
ついたのでしょうか。

ウエストミンスター寺院でちょっと座って休憩をし、
時間がもったいないので歩こう・・・とテムズ川沿いに散歩。
あ、テートモダンがある、とそこを目指して歩くんですが・・・

DSC_0501-1.jpg
テートモダンの入り口 キモいものが正面に・・・。

テートモダン(近代的な美術館です)行ったら終わってた。。というか、なんだか入り口が寂しげ。
もう、終わりがけだったのかな?
6時近かったし・・・。
ロンドンの夕方6時って、日本と違ってまだまだ明るいから時間の感覚がない。
DSC_0474-1.jpg
バッキンガム宮殿正面

DSC_0488-1.jpg
何処にでもある電話ボックス。ロンドンにはまだまだ電話ボックスがあります。

DSC_0492-1.jpg
散歩中に見つけたベア(クマ)車線??


疲れたのでテムズ川のほとりのベンチに腰掛け、
お昼に余ったフィッシュ&チップスをつまむ。
DSC_0503-1.jpg
対岸にセントポール大聖堂が見えます。画像右端はミレニアム橋。

ハトが寄ってきたのでフィッシュをあげたけど、
本当はロンドンでハトに餌を上げたら罰金らしいです。

ハトくん、足の弱っているびっこをひいたハトを「あっちいけ」って追い払い、
自分だけ私の上げたおさかな(フィッシュ&チップスの塩がついていない部分)を食べる。
こら!弱いものいじめするなら、あげないぞ!
弱い子のほうにあげるも、とりあげるから、適当にして、その場をさいなら。

その後また散歩再開。

DSC_0441-1.jpg
馬に乗っているのは警察です。
街を馬に乗ってパトロールするんです。


バッキンガム宮殿の前を通ってから、
チャリングクロスっていう駅を通り、
なんだか、今回散歩したコースは、
よく考えたらオリンピックのマラソンのコースだったような気がします。

DSC_0510-1.jpg



ホテルに帰ったのは夜の8時半くらい。

足がびっくりするほど疲れてしまって動けない。

っということで、2012年の7月9日はこれでおしまいだった。
次の10日は友達とランチの約束をしているので・・・。疲れをとっておかなければ。


この日に撮影した画像が計り知れないほど多くて、
これだけに絞ったけど、それでもブログとしては容量大きい記事になってしまいました。

次がいつになるか、わからないですが、
次の楽しみも待っているので、
気を取り直して旅行の思い出をまた綴っていきたいと思います。

ありがとうございました。



ロリポップ!★104種類もの面白くて可愛いドメインがたくさん♪
EGOISM.JP / VIVIAN.JP / RAINDROP.JP / ZOMBIE.JP / MODS.JP ...




nice!(72)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

無事にクマと一緒に来ました [ロンドン]

無事にクマと一緒にロンドンにきました。
乗り継ぎの飛行機が遅れたのもあり、
ロンドン到着じたいも、夕方6時は余裕で過ぎたのに、
さらに入国審査で並び、私の番では数秒でパスしたのに、
またまた交通も一部閉鎖しているところもあり、
遠回りしていき、最寄り駅に着くも、道に迷い、
たくさんの人に助けられて無事に到着しました。

詳しい内容は帰宅後アップしますが、
とりあえず到着のお知らせまで。

こちらなホテルはWi-Fiが部屋で繋ぎ放題。
フロントで、パスワードを聞いて来てすぐ、
繋ぎました。
と言うわけで更新できました。

ロンドン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。